たんぽぽは食べられる!?

料理の食材としても重宝するたんぽぽ

たんぽぽをスーパーで見たことがありますか?

たんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の原料にもなっているたんぽぽという植物、あまり知られていませんが、実は食べることもできるんです。そうは言っても、スーパーなどの野菜売り場に行っても、たんぽぽを見かけることはありませんね。鮮魚コーナーで売られているお刺身の飾りなどで見ることがある程度でしょうか。「たんぽぽコーヒーを飲んだことがある」という人はたくさんいても、「たんぽぽを食べたことがある」という人は少ないと思います。そこで、たんぽぽを使った料理やレシピをご紹介しましょう。

たんぽぽの根っこで作るおいしい「きんぴら」

たんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の原料は、たんぽぽの根っこです。たんぽぽの根っこは、強くで長いのが特長。同じように、「強くて長い」ことで有名な野菜がありますね…そう、「ごぼう」です。ごぼうを使った料理として真っ先に思い付くのが、きんぴらごぼう。たんぽぽの根っこ、そして茎でも、おいしいきんぴらが作れるんです。まずは、たんぽぽの根っこと茎をキレイに洗って、2~3cmくらいの長さに切ります。そして、フライパンで油を熱して、ぴりっと唐辛子を少量加えます。そして、たんぽぽの根っこと茎を入れ、醤油と砂糖で味を調えれば、とってもおいしい「たんぽぽのきんぴら」の完成です。タンポポコーヒーと同じ材料で、きんぴらが作れるなんて、ちょっと不思議な感じですね。

サラダや天ぷらにもオススメ!

たんぽぽコーヒー「ぽぽたん」は、たんぽぽの根っこから作られていますが、たんぽぽの葉っぱや花も食用にできます。たんぽぽの葉っぱを使った料理としては、たんぽぽサラダがあります。サラダにして味わうなら、春頃のたんぽぽの新芽がオススメ。お好みの野菜やドレッシングと一緒に楽しんでみてください。意外なほどにくせがなく、おいしく食べられますよ。タンポポコーヒーには黄色い花を使うことはありませんが、あの可愛い黄色の花は、天ぷらにしてもおいしいんです。春は菜の花を食べることもありますが、一緒にたんぽぽを食卓に並べてみると、とっても春らしいにぎやかな食卓になりますね。

ちょっと注意が必要です

たんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の原料となるたんぽぽは、大自然で育った無農薬のキレイなたんぽぽです。人里離れた野山のたんぽぽなら安心ですが、都会の公園や河川敷などに咲くたんぽぽで料理をするのは、控えたほうが良さそうです。質の良いたんぽぽが手に入れられない場合は、タンポポコーヒー「ぽぽたん」でたんぽぽのやさしい味を楽しんでくださいね。

1杯分たったの40円!30日間返品・返金OK! たんぽぽコーヒーを購入する 初回購入送料無料!

>